JimdoでSEO内部対策

メタタイトルを設定する

すべてのプラン(無料版/PRO/Business)でメタタイトルを設定することができます。

メタタイトルはSEO対策でとても重要な役割を果たします。

上位で表示したいキーワードは必ずココに入れておきましょう。

Pro/Businessにするとすべてのページに対してメタタイトルを設定することができます。

SEO対策を強化したい場合はアップグレードがおすすめです。

 

メタキーワードを設定する

すべてのプラン(無料版/PRO/Business)でメタキーワードを設定することができます。

キーワードは1ページあたり5つ前後を設定するのが良いとされています。

入れ過ぎは禁物です!

Pro/Businessにするとすべてのページに対してメタキーワードを設定することができます。

SEO対策を強化したい場合はアップグレードがおすすめです。

 

メタディスクリプションを設定する

すべてのプラン(無料版/PRO/Business)でメタディスクリプションを設定することができます。

メタディスクリプションとはページの概要のことです。

上位表示したいキーワードをいくつか入れ込みながら完結でわかりやすい文章を書くようにしましょう。ココに記載したものが、検索エンジンの結果に表示されることもしばしばです。

Pro/Businessにするとすべてのページに対してメタディスクリプションを設定することができます。

SEO対策を強化したい場合はアップグレードがおすすめです。

 

ALT(代替テキスト)設定をする

Jimdo 代替えテキスト

ALTとは画像に当てる代わりのテキストです。

画像にマウスオーバーした時にふわっと出てくる文字です。

ALTを設定しておくことによりその画像がなんの画像かを示すことになります。

例えばGoogleの画像検索で検索した時にこのALTは重要視されます。

画像にALTは必ず設定するようにしましょう。

 

管理バー「設定」→「代替テキスト」より有効にする必要があります。

 

H1/H2/H3(見出し)を設定する

ページを作る際に見出しを設定しましょう。

通常のテキストのみでもページを作ることはできますが、ページになにが書いてあるかをよりわかりやすくするためにH1/H2/H3を用いてページをまとめることで検索エンジンからページを評価されやすくします。綺麗に作ってあげる事でページの見栄えも良くなりますし、ユーザーにわかりやすくなるという効果も期待できます。

意識して見出しを使ってページを作ってみて下さい。

 

記事にキーワードを入れる

ページには上位表示したいキーワードを意識的に用いるようにしましょう。

ただし使いすぎはよくありません。ただキーワードを羅列するだけなどはあまり意味が無いのでやめましょう。

リンクテキストにこだわる

よくテキストにリンクを貼りますが、その際にリンクを貼るテキストにこだわってみましょう。

これはSEO対策にもなります。例えば「Jimdoカスタマイズ」出上位表示したい場合は単純に「カスタマイズ」でリンクを貼るのではなく「Jimdoカスタマイズ」このようにしっかりとリンクを貼りましょう。よくあるのが「ここ」とか「こちら」とかにリンクを貼りますが、これは少しもったいないです。

見積のページにリンクを貼りたい場合・・・

「見積もりはここ」ではなく「見積もりはここ」というのが理想です。